台湾旅行のベストシーズンは?5つの気象統計データからベストシーズンを導き出す

台湾旅行

 

「台湾旅行は何月がいいのか」

「夏は暑いのか」

「雨はよく降るのか」

「冬は寒いのか」

「コートや手袋はいるのか」など

台湾旅行を考えるときに気になるポイントは色々あると思います。

ここでは、気象局の20年分の統計データから「気温」「湿度」「雨の日数」「雨の量」「台風の日数」をみて、データに基づいたベストシーズンを導き出したいと思います。

台北(新北含む)についてです。

 

台湾の気候の特徴

台湾は【亜熱帯季節風型】の気候。

年間を通して雨が多く、冬の平均最低気温は1月の12.4℃、夏の平均最高気温は7月の33.6℃となっています。四季についてはおおまかに以下のように分けられます。

春(3~5月):晴れると暑い。朝晩の気温差が大きい。スコールもある。

夏(6~9月):暑い。台風も多い。室内はエアコンが効いてて寒い。

秋(10~11月):朝晩は涼しい。日中は30℃近くになることも。

冬(12~2月):どんより曇った日が多い。しとしとと雨が降る日が多い。気温のわりに寒く感じる。まれに5℃ぐらいの寒さになることも。

 

台北・新北気象局の観測地点

ここから本題に入り、「気温」「湿度」「雨の日数」「雨の量」「台風の日数」の5つの観点から台湾旅行のベストシーズンを考えていきいます。

気象局の観測地点(台北・新北)は、「台北」「淡水」「鞍部」「竹子湖」「基隆」の5つです。

気温が最適な月は?

台湾は冬場だと最低気温が5℃くらいになる時もあり、冬が暖かいというイメージは決して正解ではありません。冬はダウンやマフラー、手袋をするのが普通です。また、室内は基本的に暖房がないので余計に寒く感じます。

夏は日差しに加えて湿気による熱気がすごいです。室内は一転して強い冷房が効いているので、体の負担が大きく熱中症にもなりやすいのが特徴と言えます。

ここでは、20℃ぐらいを快適と定義して気温をみていきたいと思います。

票は割れていますが、11月が最も20℃に近くて快適、7月が最も暑い、1月が寒い、となっています。

 

気温まとめ

一番20℃に近い(GOOD):11月

暑いor寒い(NG):7月、1月

 

 

雨の日が少ない月は?

平均降雨日数の統計データから、「雨の日が」少ないのは何月か見てみます。

雨の日が一番少ない月は、7月です。

観測5地点のうち、4地点が7月が最も雨の日が少ないと示しています。

台北のみ12月が一番少なくなっています。

逆に雨の日が多い月は、1月、2月、6月の順になっています。

雨の日まとめ

雨の日が少ない:7月、12月

雨の日が多い:1月、2月

 



雨の量が少ない月は?

続いて平均降雨量からみてみます。

一番少ない月は、4月と12月で票が割れています。

一番多い月は全5地点一致で9月です。

表の台北11月をみると、831となっておりダントツで雨が多くなっていますが、これは掲載情報が間違っています。831という数値は12月の10倍以上ですが、そんなはずはありません。台北だけ合計もズレています。ということで、中央氣象局で調べたところ、83.1が正しい数字でした。

 

雨の量まとめ

雨の量が少ない:4月と12月、7月

雨の量が多い:9月

 

 

湿度が低い月は?

台湾の場合、年間を通して湿度が高い特徴があり、さらに冬の方が夏よりも湿度が高いことが統計データからも分かります。

ここでは「湿度が高い=曇がちor雨が降りがち」

つまり、湿度が低い月が比較的快適であると定義してみていきます。

湿度に関しては、全5地点で7月が一番低くなっています。

逆に一番湿度が高い月も、全5地点とも2月で一致しています。

湿度まとめ

湿度が低い(GOOD):7月

湿度が高い(NG):2月

 

台風が来ない月は?

台湾は毎年よく台風が通ります。台風は主に夏場ですが、統計データからみると全く台風が無い月があることも確認できます。台風は12月~4月はほぼなく、主に7月~9月に集中して来ます。

台風まとめ

台風が来ない:1月、2月、3月

台風が多い:8月、7月、9月

 

台湾旅行のベストシーズンは?

ここまで20年分の統計データから見てきた結論をまとめます。

色々とツッコミどころはあるかもしれませんが、「気温」「湿度」「雨の日数」「雨の量」「台風の日数」の5つを総合して考えると以下のようになります。

 

これだと分かりづらいので、簡易的におススメを+1、避けるべき?を-1として数値化してみます。

 

結論:ベストシーズンは12月

広めに見て3-4月と11-12月

 

以上は統計データから出してみた結論です。

最後に、台北に7年住んだ私が考えるベストシーズンは以下の通りです。

ベストシーズン:3月、10月、11月

【理由】

12-2月は曇り・雨・霧の日が多い、寒い。

4-6月はスコールが多い。

7-9月は台風が多い、暑い。

3月、10月、11月は暑すぎず寒すぎず、上記のような現象も比較的少ないので、ベストシーズンと考えています。

 

統計データと自身の経験をあわせて考えると

結論:ベストシーズンは3月と11月

個人的にはこれを結論としたいところです。

気象データの5つ全てではなく重視するポイントを絞って考えることもできますし、実際の旅行を考えるにはこの他にも航空券の値段であったり色々な要素がありますので、今回は気象データの統計からみた総合的な結果として一つの参考として頂ければと思います。